元バイクレーサーの街乗りな日々

元レーシングチーム所属ライダーの、引退後のんびり日常ブログ Since 2011.9.18
バイクに限らず、車屋としての日常や趣味も載せていきます。

1476

 アッツイ日&雨が続きますねぇ。
 こんな暑い中でバイクに乗ったら、ラジエターが吹き飛ぶんじゃないかと心配になります。

 Flyman-hmさんからPCのビデオボードをもらい受けたものの、ゲームもせず勉強に明け暮れた日々だったので、久々にPCゲームを購入してしまいました。

 というのも、前から気になってたこの「RIDE2」がsteamで半額キャンペーンをやっていて、このクオリティのPCゲームが何と2,500円!という破格だったので迷わず購入です。

 簡単に言えば、バイク版のグランツーリスモです。
 バイクを購入し、カスタマイズしながらレースに出て、賞金やバイクをもらい、またレースに出る。
 ただそれだけですが、現実には乗る機会がないであろう様々なレアバイクや高級バイクをゲームの中でとは言え運転出来て音も聞けるだけでハッピーになれます。

 そして・・・

 僕のヘルメットも収録されていたので即購入!
1477

 装備やライディングスタイルも自由自在です。
1481


 何度も言いますが、このクオリティのPCゲームが2,500円!!でした。
 今はもう通常価格ですが、時々キャンペーンをやってるので要チェックです。


 まずはアプリリアRS125を購入して、勝てる可能性のあるレースに出場しまくります。
1479
1478

 そしたらそのうち賞品としてアプリリアRS250が貰えるので、出場できるレースの幅も広がり、賞品バイクもR6やら何やらと色々もらえるので、装備も充実し、お金も貯まっていきます。
1480
 アプリリアRS250は、バイクの戦闘力を数値化したPP(パフォーマンスポイント)300以下のレースで無類の強さを発揮し、大活躍します。
 2スト250cc指定のレースもあるので、タダで貰ってチョチョイと弄ればバンバン稼いでくれます。
 まぁ、エンジンはスズキRGV-γなんですがね。

 R6クラスになってくると、アクセル開けるだけでウイリーして転倒するようになるので、加減速で前後の体重移動なんかも必要になってきて難易度も増していきます。

 車種や排気量など指定されるレースもあるので、お気に入りの一台だけでクリアする事はできません。
 最初にRS125を買ったのも、125cc限定やRS125指定のレースがあったから。

 賞品でBMW S1000 R を貰ったのでドノーマルのまま出場して優勝!
1482

 そしたら今度は賞品としてMVアグスタとEnergica Egoのどちらか一方くれるっていうんで、電動バイク指定のレースもあるからEgoを選択。
1483
1484
1485

 こんな風にガレージにバイクが増えていきます。
 息抜き程度にのんびり楽しむとします。

 PS4やXBOXでも出てますよ。






↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 

RS TAICHI製メッシュグローブが、前回の角島ツーリングで限界を迎えました。
1467
甲の側は大丈夫なんですけどね。
1468
 いつもグリップを握ってる手の平側がボロボロになりました。
1469
 親指には穴も開きました。滑り止めラバーも剥がれています。
 買った時はこんなだった↓
1466
 他の指もボロボロでいつ穴が開いてもおかしくない。
 でも、以前の記事を探すと、買ったのは2012年10月だったみたいで、5年近くも仕事をしてくれたのなら十分。


 って事で、いつものようにamazonでポチ。
 今回はお試しで、当ブログを見てくれている方々の人柱となる為、ノーブランドの格安グローブを購入してみました。

 約8,000円のTAICHIグローブに比べ・・・ 

 そのお値段、2,500円!!

 安っぽい封筒で届き・・・
1470

 ビニール袋に入った格安グローブ。
1471

 あれ、でも、そんなに悪くない。
1472
 2,500円にしてはカーボンのナックルガードもメッシュも装備されています。
1473
 使われている素材とか、手首へのダメージを軽減するためのクッションの有る無しとか
 細かい所はやっぱりTAICHIの方がイイですが、2,500円でこのクオリティはナカナカ。

1474

 手のひら部分の裁縫もしっかりしてて遜色ありません。
 二重にしっかり縫い付けられています。
1475
 指先はスマホタッチにも対応しています。

 これで1日で穴が開いたら笑いものですが・・・。
 さてさて耐久性の程は・・・??

 破れたら報告します(^^)/


 ちなみに・・・
 2万円近くしたアルパインスターのレーシンググローブ、1レースで親指の付け根に穴が開いてポカーンとした事があります|д゚)






↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 

1454
 目的地の山口県角島大橋です★
 キレイですね~。

 では二日目のタイムスケジュールを。
 数人が早朝5:30起床。
 朝日と共に一足早く橋を見に行きました。
1456
 5:45。僕のCBRの横で佇むJUNさん。
 朝焼けで海の色がまだくすんで見えます。

 橋を渡り、島をチョロッと走って朝食へ。

 7:00朝食。
1462
 和洋折衷なメニュー。
 ご飯とみそ汁・漬物・納豆・干物に、なぜかサラダとベーコンエッグとキウイフルーツ。

 食べ終わったら全員で橋を渡り、記念撮影。
 8:20 島の道の駅。
1457

 そして、トップ写真に採用したのは8:30に撮影した橋の写真。
1454
1455
 今回のツーリングはこの橋を見て渡る事が目的でした。

 そしてこの日、やむを得ない事情により、柳井港から12:25に出港する松山行きフェリーに乗らなければならない為、全員で給油してからフル高速!!
 美祢ICから玖珂ICまで直行します。

 時間的な余裕が無いにも関わらず、事件発生!!
 前回ツーリング開始集合地点で立ちゴケしてステップを折ったNI君が、佐波川SAでまたも転倒!
 極低速で転回中にコテン( ゚Д゚)
 重い車体にステップボルトが耐えられずポッキリ|д゚)
1458
 何度同じ事やってんだろうね( *´艸`)
 ボルトの予備を2,3本持っとくように! "(-""-)"

 SAでは修理のしようも無く、時間も無いので強行突破。
 右足はタンデムステップへ。

 フェリーが10台までしかバイクを乗せられない為、若くて元気が余っている3人が自走して帰宅する事に。3人は広島でお好み焼を食べてのんびり帰るようです。
 お疲れ様です。そしてありがとうございます。

 残り9台は柳井港へ向けて爆走し、11:55 柳井港到着。
 ギリギリセーフです。

 すぐに手続きを済ませて乗船。
1459
 約2時間半の船旅です。

 14:50 愛媛県松山市三津浜港に到着。
 レストランで遅い昼食を食べ、ここで解散です。
1463
 二日目のルートはこんな感じ。(flyman-hmさん、また借ります。少し加工しました)
 一人立ちゴケしてステップを破損させた以外は、事故も無く雨も降らず、無事に帰宅する事が出来ました。
 かなりの強行スケジュールであまりのんびり出来ませんでしたが、走行中の会話や夜の飲み会、綺麗な景色や美味しい食事を堪能する事ができました。

 参加された全ての友人に感謝します。
 素晴らしいひと時をありがとう!

 今回の総走行距離
1460
 高知の友人は826km、一番遠い徳島の友人は1,130kmだったそうです。
 皆様本当にお疲れ様でした★

 今回のツーリングで、スタンドフックボルトがどっか行きました |д゚)
1461
 スタンド立てようと思ったら無くてビックリ( ゚Д゚)







↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 

 5/29早朝6:00。
 愛媛県と高知県の5人で伊予市のコンビニに集合。
1441
 三崎港から九州佐賀関へ向かうフェリーに搭乗します。
 今回の参加台数は12台!!
 フェリーは最大8台しか搭乗できない為、6台までしか予約できないとの事で、12台を二手に分けて別便で乗り、九州で落ち合います。

 8:00 三崎港フェリー乗り場
1442

 9:50 ジョイフル大分佐賀関店で集合!
1443
 さすがに12台ともなると壮観で、暴走族の集会みたいです。

 山口行くのになんで九州経由なんだよと思われるかも知れませんが、湯布院に寄り道してお昼を食べ、陸路で本州に上陸する計画です。
 Flyman-hmさん、写真をお借りします。
1451
 こんな感じ。

 12:20 湯布院到着。「古式手打ちそば泉」で昼食。
1444
1445
 鴨せいろそば 1,680円
 ちと高いですが、炭焼きした鴨の脂が絶品でした。

 ハチミツソフトにさらにハチミツを直接かけたソフトクリームなどを食す。
1446
 ウマウマ( *´艸`)

 震災直後に来たときは閑散としていましたが、中国や韓国からの観光客でひしめき合っていて、活気が戻っていて何よりです。
 平日の月曜日にそばを食べるのに30分並びました。
1452

 湯布院から高速に乗り、一気に山口県へ。

 18:10 角島大橋すぐそばの道の駅に到着。
1447
1448
 あの橋が目的地!

 ただ、予約していたペンションがチェックインしてくれとせがむので、今日渡るのは諦める事に。

 18:30 ペンションマーメイド着。
1449
 思っていた以上に綺麗で、海が見える良い宿でした。
 2食付きでほぼ1万円。
1453

 風呂に入って疲れを癒し、おなか一杯食べた後、恒例の飲み会。
1450
 24:00まで飲んで騒いで大笑いして、泥のように眠りにつきます。

 結構な強行スケジュールだった1日目は無事に終了!
 12台ともなると隊列が度々分断されますが、B+COMで通信しながらなのでスムーズに合流できます。

 今回、12台中11台がB+COMを装着していました。
 とても重宝していますし、今回初めてメンバーから借りて使用した人も自分用に欲しがっていました。

 以前は「ツーリング中に何話すの? バカじゃね??」と思っていましたが、今やなくてはならないマストアイテムに!

 サインハウスのB+COMだけでなく、様々なメーカーからバイク用インカムが発売されています。
 ソロツー命! な方も、音楽を聴いたり電話を受けたりできるのでとても便利ですよ★

 ツーリングバッグは、「TANAX モトフィズ ミニフィールドシートバッグ」装着者が4人!
 売れているだけの事はあり、これ一つで一泊ツーリング程度なら必要十分な容量です。





↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 

 車のCMなどでも有名になった、山口県角島大橋へ向けて11台でツーリングをする事になりました。

 そこで、正月以来乗っていないバイクの慣らしと体の慣らしを兼ねて、JUNさんと二人で四国カルストへ。
1435
 お互いに集合時間ピッタリに到着!

 B+COMでペチャクチャと喋りながら登山していきます。

 二人だと晴れなんですけどねぇ・・・(^^)
1436
1437

 四国の道はボコボコで酷い酷道です。
 ここで出会った三重県から来られたお二方も「道が悪い」とぼやいておられました。
 でもこの景色は九州にも引けを取らないハズ!!


 前回の正月ツーリングではありつけなかったカレーうどんを食べて帰りました。
 ちなみに写真は撮り忘れました。
 お腹空いててすぐに食べたもので・・・|д゚)

 家に帰り、ロングツーリングの準備としてチェーンルブを差し、久々にカウルを取り出して洗います。
1438
1439

 前オーナーが貰い事故で転倒したのでカウルもあまり綺麗ではないのですが、いつまでも中途半端なハーフカウルも締まらないので、買い戻してから初のフルカウルに戻しました。
1440
 やっぱりセパハンのままならフルカウルの方がカッコイイですね!

 5/29、30と山口県角島大橋へ向けて走ります。
 12台と大所帯ですが、全員事故も違反もない事を祈りながら寝る事にします。

 今回は天気も良さそうです!!
 無事に帰ってきたら写真をアップしますのでお楽しみに・・・☆


↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 

1434

 先日サイクリング中に車と衝突して集中治療室で治療を受けていたニッキー・ヘイデンが、5月22日の現地時間19時09分に亡くなってしまいました。

 MotoGPの2003年から2008年までの5年間レプソル・ホンダチームに在籍し、2006年に年間チャンピオンに。
 2015年まで12年間MotoGPに参戦。

 2016、2017はスーパーバイク世界選手権に復帰参戦し、2016年の年間ランキングは5位。
 2016年にはジャック・ミラーやペドロサ欠場の代役としてMotoGPにスポット参戦。鈴鹿8耐にも出場していました。


 有能なライダーが亡くなってしまい、レース界に激震が走りました。

 残念でなりません。


↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 


1433
 元MotoGPチャンピオン、現スーパーバイク世界選手権ライダーのニッキー・ヘイデンが、イタリアの一般道でサイクリング中、自動車と正面衝突し、重体とのニュースが飛び込んで来ました。
 去年の8耐にも出場した現役バリバリのイケメンが・・・

 片足の複雑骨折により多量に出血
 背中にも複数の骨折
 広範囲にわたる脳浮腫が懸念されている
 幸いにも脊髄の損傷はない模様
 頭蓋および胸部に負った多発性外傷により、現在は手術できない状態

 との事。

 頑張れ! ヘイデン!!

↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 


1431
 本日2017年4月30日、かねてより噂のあったホンダF1エンジンを第二のチームへ提供する事が正式に発表されました。

 2018シーズンからはマクラーレン・ホンダに加え、ザウバー・ホンダが誕生する事に。

 ホンダはこれまでマクラーレンとの独占契約でしたが、1チームだけだと走行テストが十分に行えない事が一番の悩みでした。
 公式のテスト期間中しかほとんどシャシーに乗せて走行する事ができず、さらに1チーム2台のうち1日1台のテストが定番。1台が走っている間に改良すべきところを見つけて同時進行でもう1台に改良や調整を施し、翌日は改良した方を走らせてさらにデータを取っていくからです。
 2台同時に走らせて、2台とも同じ不具合で貴重で高価なエンジンを壊して翌日何もできないなんて事になったら最悪です。
 MotoGPでも第二・第三のチームを持ってますよね。

 1チームだけだとそれがエンジン本体の不具合なのか、それともシャシーとの兼ね合いで出てくる相性の問題なのかも分かりづらく、今年は特にその問題が顕著に表れていました。
 実際はマクラーレンのギヤボックスとの相性の問題で共振による大きなバイブレーションが発生し、それが電気系統にダメージを与えて走行不能に陥っていたのに、マクラーレン側からは「すべてホンダエンジンが悪い」という趣旨のコメントしか出ず、多くの方のホンダF1エンジンに対する評価が失墜してしまいました。

 もちろん、まだまだ他チームと比べてパワーが出てない(トップのメルセデスと比べて約80馬力劣る)ので改善すべき点は多々ありますが、「技術力がない」とか「やる気がない」とかは見当外れの意見だと思います。
 技術力が無ければそもそも1600ccV6で1000馬力に迫ろうとしているF1エンジンなんて作る事すら出来ませんし、やる気がなければ莫大なお金をかける必要もありません。
 「トヨタの方が技術力があり、ホンダを押しのけてF1に復帰して欲しい」なんて声もあるようですが、そもそもトヨタのF1エンジンは元々F1にエンジンを提供していた経験のあるヤマハの技術力によるもの(コスワース・ヤマハ:鈴木亜久里、ティレル・ヤマハチームやアロウズ・ヤマハ:デーモン・ヒルなどが有名)。一般車にもヤマハ製エンジンを積んだトヨタのスポーツカーなんてゴマンとあるので、ヤマハ無しに今のトヨタはありません。
 有名なトヨタ2000GTも実は8割以上ヤマハ製です。トヨタは外観のデザインスケッチとシャシー設計くらい。トヨタが直接関わったのは4人だけ。だからヤマハ本社には堂々と限定モデルの2000GTが展示されていて、「『ヤマハ2000GT』に改名した方がイイ」なんて声もあります。
 トヨタ(?)2000GT、セリカ1600GT、70・80スープラ(スープラに載された名機1JZ-GTEエンジンは開発から製造まで100%ヤマハ製。90年代のトヨタの名車と言われるクラウン、マークⅡ、チェイサー、クレスタ、ソアラetc...すんばらしい1JZ-GTEエンジンは当然トヨタ製エンジンだと思ってた方ゴメンナサイ。嘘だと思う方はwikiへどうぞ。下の1JZ-GTEエンジンの写真も。)など、有名な「トヨタのスポーツカー、プレミアムカー」はヤマハエンジンです。ご存知でしたか?
1432
 100%ヤマハ製のエンジンなのにトヨタのエンブレムの方が主張が激しいのは、やっぱり大人の事情です。お金とか、お金とか・・・あとそうそう、お金とか。ヤマハにエンジンを作らせてやってる的な?
「工場も製造能力も余ってんだろ?だったらこーゆーエンジン作ってくれよ。売りさばいてやるからよ。こっちは車が売れるし、そっちはエンジンメーカーだからエンジンが作れて売れればいいんでしょ? これがよく言うwin-winってヤツよ」
 ・・・というやりとりがあったかどうかは知りません。

 現在でも、レクサス初のスーパーカーLFAや、スーパーGTでGT-RやNSXと戦っているレクサスRC Fのエンジンもヤマハ製と言って差し支えないくらい大きく関わっています。
 残念ながら、トヨタ単独で高性能レースエンジンを作る事は出来ませんし、お金がかかるからやりません。
 ヤマハファンの方、もっとヤマハを好きになって下さい。
 もちろん企業は利益を追求する事が義務なのでそれが間違ってるなんて言いませんが、「ホンダよりトヨタの方がレースエンジンに関しても技術力がある」という誤解には物申さなければなりません。
 車屋をやってる僕がこんな事言うと怒られるかも知れませんが、車屋だからこそ、トヨタの(レース的な意味での)高性能エンジンはホントはヤマハ製って事も知ってるんです。

 トヨタに技術力が無いとは言いません一般大衆に受け入れられる性能と燃費のバランスのいいエンジンを作る事にかけては世界一でしょう。でもそれはこれまでお世話になってたヤマハのパク〇・・・ヤマハ技術者の引き〇き・・・いや失礼、昔から「スポーツカー」「レーシングカー」を作るのは苦手・・・というか、大衆車メーカーで9割の一般大衆の為に大量に作るのが本業なので、1割のユーザーのニーズに応える手が足りません。餅は餅屋。得意な所に外注するのがコスト最優先のトヨタ方式。
 ハイブリッド技術も電装屋のパナソニックとの関係が強いから一歩前に。
 高性能・高級車種のエンジンはヤマハに外注して作ってもらってレースその他でブランドイメージを上げて、実際には売り上げの大半を占めるプリウス、アクア、ヴィッツ、カローラが売れれば大成功。そしてその通りになっています。

 AE-86の現代版として話題になったFT-86はスバル製。開発中の次期「スープラ」はBMW製です。外観が違うだけで同じくらいのお金出すんなら、僕は100%スバルBRZ、BMWZ5を選びます。それらの「走りを追求した車種」でトヨタマークを付ける必要を感じません。だってトヨタ製じゃないんだもん。
 でも、FT-86やスープラ、レクサスの高性能車種を買うのは1割の人たちです。ビジネスとしては大正解。

 レースマシンと一般大衆車は共通する点もあれば明らかに違う点もあるので、一概にどちらの技術力が上か下かという議論に終わりはありませんが、少なくとも、車の倍以上回転するバイクのエンジンで日夜しのぎを削っているホンダとヤマハには、高回転・高出力エンジンを作るノウハウがトヨタよりある事だけは確かです。
 ホンダは世界一のバイクメーカーであり、F1のエンジンも自社で開発できる程の世界有数の技術力が確かにあります。
(まぁ、一般車に関しては「エンジンはイイけどミッションがダメ」だと思いますが・・・。ここら辺はトヨタを見習って外注でおねg・・・ウグ・・・)



【トヨタ信者の方には申し訳ありませんが、ここはバイクブログなのでバイクメーカーを贔屓目に見てしまうのはどうぞご容赦を(´・ω・`)
 トヨタよりホンダ、ヤマハ。ベンツよりBMWが好きです。バイク作ってますから。】



 話をF1に戻して・・・
 対してザウバーは、ここ数年はフェラーリのエンジンを使っていましたが、去年からフェラーリはハースF1との関係を強化しており、今年のザウバーは去年のフェラーリエンジンを使っている『第三のチーム』という位置づけになってしまっています。
 ザウバーとしては、フェラーリの第三チーム(型落ちエンジン)よりはホンダの第二チーム(最新エンジン)の方が可能性があるホンダは第二チームができる事でテストのデータが倍になるマクラーレンもそれによってさらにイイエンジンになるなら独占契約に拘っても仕方ないという3者の利害が一致し、今回の契約締結となりました。

 また、ホンダは二つ目の条件として「日本人ドライバーのシートの確保」を提示していたようです。それをザウバーが飲んだという事は、来年は日本人ドライバーがF1に復帰する事になるかもしれません。
 ホンダは技術力の向上だけでなく、今後の日本のモータースポーツを発展させるためにF1に投資しています。
 (対してトヨタは、欧州ではF1より人気のあるWRCに「欧州で車を売る為に」参戦しています。ビジネスとしては大正解。株価も⤴。DISってるんじゃなくて事実です)

 最近のホンダF1は苦しい展開が続いていますが・・・
 二輪・四輪最高カテゴリーに挑戦し続けるホンダをぜひ応援して下さい!
 ホンダよりトヨタが好きって方も、「ホンダのバイクは優等生過ぎるから好きじゃない」って方も、ホンダが最高峰のレースにかける熱い情熱は評価してください。
 バイクの単純なパワー競争なら他社に一歩譲る事が多いホンダのバイクがレースで強いのは、全体のバランスが最高レベルでまとまっているからです。面白味には欠けますが。



 これでザウバー・ホンダの方がマクラーレン・ホンダよりも速かったりなんかしたら面白いですね|д゚)
 ただ、ザウバーがイイチームだとは思わない('_')
 破産して今年参戦できなかったマノーをはした金で買い取って、ホンダF1レーシングチームでも作った方がいいんじゃないでしょうか。


(追記)
 同日行われた第4戦ソチ、アロンソはフォーメーションラップでリタイアしてしまいました"(-""-)"
 頑張れ、HONDA!


↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 


 珍しい事に、サーキット場でのバイク事故が全国ニュースになりました。
 悲しい事にバイクに否定的な人が多いこの日本では、MotoGPでの死亡事故ですら数秒しか放映されず、アマチュアが一人死亡だと地方紙のちっちゃな欄にチョロッと載る程度でニュースにもならないのですが、さすがに7台転倒3人負傷2人死亡だとインパクトがありますね。



 亡くなったお二人はとても残念です。

 岡山国際は僕の選手生命を絶たれた事故現場でもあります。コワイコワイ
 ちなみにこのコースの最速レコードは、かのアイルトン・セナ様ですよ。
 1994年4月16日、F1ウィリアムズ・ルノーに乗ったセナが予選で1分10秒218をマークしています。
 1994年4月17日に開催されたF1パシフィックグランプリ(岡山)の次戦が、アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーが亡くなったサンマリノGPでした。
 アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ、デーモン・ヒル、ミカ・ハッキネンにルーベンス・バリチェロ、片山右京と鈴木亜久里が一堂に会する熱いレースも、事実上この岡山が最後になりました。
1430


Circuit_okayama
 報道の映像を見ると、ここは岡山国際サーキットの「モスSコーナー」ですね。
 コースレイアウトの③の所です。
 S字コーナーでありながら見た通り緩やかなので、②を抜けたあと④の手前まで全開で走り抜ける危険個所です。
 ③や④のコース上のド真ん中にバイクが転がってるなんて事はよくあります。

 高速で走る割にセイフティーゾーンが狭く、バイクでの死亡事故多発区間。
 死亡事故が原因で2004年に大幅改修され、「TIサーキット英田」から「岡山国際サーキット」に改名しました。
 改修前のコースを走っていましたが、峠バリに路面が悪くてガタガタ&滑りやすく、舗装路と砂地の間にヤバい溝のような段差があり、全開区間なのにコースアウト=死亡か重症という酷い区間でした。
 モチロン、アクセル戻せば曲がれるので転倒率自体は低いんですが、無理した挙句に転倒したら死を覚悟しなければならないデスゾーン。
 何と表現したらいいのか言葉が思い浮かびませんが、センターラインのない狭い林道で、舗装してるところとしてない所に段差がありますよね。「ここにアスファルト乗せました。こっから先はしてなくて数センチ先は崖下です」みたいな舗装路と舗装してない所の明らかな段差。目測で5~10cm。
 このモスSは改修前、そんな状態だったんです。200km/hに迫る速度で1cmでもアスファルトを踏み外したら転倒するしかないようなヤバい道。数メートル先は壁。
 そこを全開で走らなきゃいけないんだからヤバ過ぎですよね。段差を見たら負けです。全開で走れないとタイムも出ません。
 でも、峠っぽいコースなので嫌いにはなれません。

 大幅改修によってモスS区間とピットロード入口の安全性向上を重点的に、滑りやすい路面も全面舗装し直してかなり良くなりましたが、モスSが依然死亡事故多発区間であることに変わりありません。

 僕が砕け散った1コーナー①と、90°近い左の下り二連コーナー⑥⑦も危険な難所です。

 今回の事故の原因は1台のマシンの(おそらくエンジンブローによる)オイル漏れで、後続車両が次々と転倒したそうです。
 映像を見るとオイル処理剤が撒かれた跡がありましたが(白い線はオイル処理剤です)、モロにレコードライン(一番速く走れるライン)上だったので、全開のタイムアタックしてる最中にこの狭いモスSのレコードラインにオイルがあったんじゃ避けようがありません。
 かなりのスピードで路面に叩きつけられ、目の前の壁まで一直線です。
 クッションでなんとか数か所の骨折で済んだとしても、痛みを感じる前に後続の転倒車両がとんでもないスピードで突っ込んできます。

 このコースをバイクで一度でも走った経験がある方は、亡くなった方が最後に見た光景を簡単に想像できる事でしょう。
 ・・・僕が選手生命を絶たれた事故の衝撃や痛みを思い出します。
 幸い、僕が転倒したのは1コーナーでセイフティーゾーンが広かったので何とか命拾いしました。

 おまけに、サーキット場を走った事がない方は意外に思われるかも知れませんが、ほとんどのサーキット場の救護室は学校の保健室と大差ありません
 医師がいない限り医療行為ができないので、見るからに骨折していても湿布貼るくらいしかできないのが現実です。
 痛い痛いと叫びながら・・・いや、本当に痛いと声なんて出ないんですよね・・・声にならない叫びを全力で上げながら救護室でレーシングスーツを脱がされた拷問のような時間は今でも忘れません。
 しかもそのあと全治半年の身体に湿布数枚張られただけです。
 さらに、この岡山国際サーキットは山奥にあるので、救急病院まで搬送されるのにかなり時間がかかります。記憶を無くして素っ頓狂な事を真顔で言ってる先輩と、指一本動かせない僕が一緒に病院に搬送されるまでの時間の長さといったら・・・( 一一)

 今回は大きな事故で2人も亡くなってしまったので全国ニュースになりましたが、似たような事故は毎週のようにどこかのサーキット場で起こり、毎月のように将来有望な選手が亡くなっている現実をぜひ知っておいて下さい。
 重傷を負ったチームメイトがその日一日の記憶を本気で失っていたり、さっきまでライバルとして意識していた知人が目の前で砕け散って白黒写真だけの存在になったりするのを目の当たりにすると、サーキット場より100倍危険な公道で速さを競い合っていた昔の自分をぶん殴ってやりたくなります。

 ぜひ最大限に安全に留意し、バイクライフを楽しんで下さい。
 公道にセイフティーゾーンなんてなく、数cm先は崖下です。
 ガードレールや、電柱を支えるワイヤーで身体が真っ二つになる事だってあるんですよ!
 申し訳程度に湿布貼ってくれるような施設もありません。



 ・・・でもこのコース、今でも目をつぶってイメージトレーニングできるくらい頭に叩き込んでます。
 たまには軽くでいいから走りたいなぁ・・・。
 と、思ってしまうのは、やっぱり頭のネジが数本飛んでるんでしょうかね(´・ω・`)

↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 


 無事にパパになったyoshi-wata君に出産祝いを届けに今治へ。

 最近軽バンが便利すぎてBMWに乗ってなくて、3か月で1,000キロしか走ってないので、片道40kmをスポーツシフトのDSモードで回転上げ気味で軽快に走っていきました。

 yoshi-wataガレージで子供の名前を聞いたり世間話ししていると、最近お金をかけすぎているflyman-hmさんがグロムで登場。
 プレゼントを持参してくれました。

 以前まで使っていた、PC用のグラフィックボードです!
1424

 去年最新のグラボへアップグレードしたflyman-hmさんが、不要になったのであげると言ってくれたのを覚えてくれていました。
 ありがとうございます。

 家に帰って早速交換。

 まずはサイドパネルを開けて、これまた貰い物で6年ぐらい使ってるグラボを取り外します。
1425
1426

 これまでのグラボはRadeon HD4600。2008年モデルです。
 当時はRadeonの方が高性能で人気がありました。
 性能を数値化したベンチマークを調べましたが、古いのでスコアが無く・・・。
 とても近いHD4670の数値を見つけましたが、3DMarkのExtremeスコアは1219でした。
 HD4600はもっと低いはずなので、だいたい1100くらいか。

 新しく頂いたグラボは、GeForce GTX660。
 3DMarkのExtremeスコアは2186。
 ちょうど倍くらいの性能になります。

 替えたところであんまりゲームしないので、買わなくても頂き物で十分です。


 久々に補助電源が必要なグラボ。
 電源ユニットだけはケチらずに高いモノを入れているので、問題なく対応しています。
1427

 あとはマザーボードにぶっ挿してコネクタをつなぐだけ。
1428
 超簡単に交換終了。

 このままPCを起動してみます。
1429
1423

 ドライバを入れなくても一発認識!
 Windows10はとてもいいOSですね★

 性能を少しでも上げたければ公式のドライバを入れる必要がありますが、ちゃんと動くし軽いゲームしかしないのでこれで十分です。

 たったこれだけの作業でグラフィックの表現力が倍になるんだから素敵です。

 自作PCはグラボや電源など、不具合が出たり新しくしたい所だけ交換できるので、楽しみながら長く使い続ける事ができます。

 6年くらい使ってるこのパソコン、まだまだ現役で頑張ってもらいます!






↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 

1422
 みなさんこんにちは。


 少しずつ暖かくなり、週末などはバイクでツーリングしている姿も見かけるようになってきましたね!



 この春からライダーデビューという方も多いのでは??
 安全を優先し、無事故無違反で楽しんで下さいね!!


 さて今回はエンジンオイルのお話。

 スクーター乗りの方はあまり気にしなくていいのですが・・・

 せっかくの自慢のバイクに、ホームセンターで4L1,000円くらいで売ってるような車用ゴミオイルを入れてたりしませんよね?

 ね??

 値段的にサラダ油の方が高いです。
 車に入れるのであればまだしも、バイクに入れるのだけはヤメておきましょう。

 バイクは車とは構造が違い、バイクのエンジンオイルはエンジンだけではなくクラッチもミッションも潤滑します。
 その上車より負荷が高く、高回転、高温になります。

 湿式クラッチの場合、車用オイルだとクラッチが滑ってしまってパワーロスにつながったり、ミッションが滑ってギア抜けなどが発生するのでよろしくありません。
(例えば4速で走っていても突然ニュートラルになるという殺人的な不具合)

 バイクにはバイク専用オイルを!!


 んで、バイク専用4ストオイルにはJASOという規格があります。
(JASO:Japan Automobile Standards Organization:日本自動車規格)
 逆に言えば、JASO規格に適合していないオイルはバイク用ではありません。

 さらに、JASO規格にもMAグレードとMBグレードがあります。

■JASO:MAとMB
 JASO:MAグレードは高摩擦特性のオイルです。簡単に言えば滑りにくいオイル。
 JASO:MBグレードは低摩擦特性、つまりよく滑るオイルです。
 この特性の違いだけで、性能自体に優劣はありません

 ならよく滑るMBの方がイイんじゃ・・・?って思うでしょ?
 でもダメなんです。

 上述しましたが、湿式クラッチを搭載しているバイクはMBだとクラッチが滑る恐れがあります。
 スクーターや乾式クラッチのバイク、メーカーに指定された一部の車両にMBグレードが用いられます。

 逆にMB指定のバイクにMAを入れると抵抗が増えるので僅かな燃費悪化やレスポンスの低下が考えられますが、機械的な不具合は発生しません。
 

 JASO規格は日本独自の規格なので、輸入車にはMA・MB指定が無い場合がありますが、MAを入れておけば間違いはありません。


 湿式クラッチも多段ミッションも持たないスクーターは、クラッチが滑る心配もいりませんし、ドライCVTなのでギアが抜ける事も無いので、自動車用のオイルを使っても問題ありません。
 ただ、ノーブランドの激安オイルだと劣化が速い場合もあるので、安い分こまめに交換してやりましょう。
 当然ながら2ストスクーターには自動車用ではなくバイク用2ストオイルを!


■SAE規格
 SAE規格は、0W-30とか10W-40とか書いてるアレです。
(Society of Automotive Engineers:米国自動車技術者協会)

 WはWinter(冬) ≒ 寒いとき ≒ オイルが冷えているときの粘度
 後半の数字は高温時のオイル粘度を表しています。

 サラダ油を想像してみて下さい。
 冷えたフライパンにサラダ油をひくとねっとりしていますが、火にかけて温度が上がるとサラサラしてフライパン全体に広げる事ができます。

 エンジンオイルも熱によって粘度が変わるので、オイルごとの粘度特性の違いを数字で表現しています。

 10Wなど、Wが付く前半の数字が小さいほどサラサラと柔らかくて寒さに強く、エンジン始動性が良く燃費も良いオイルとなります。
 かなり昔に「バナナで釘が打てるような極寒でもなめらかでエンジンが一発始動するオイル」ってCMがありましたが、確か粘度は5Wだったと思います。(Mobil1ですね)

 0W~25Wまで5刻みで6種類ありますが、一般的な車やバイクは0W~15Wを使う事がほとんどです。




 40など後半の数字が大きいほど高温時でも水みたいにシャバシャバにならずに粘度を保ち、エンジンを保護する性能に優れています。


 バイクの場合、10W-30か10W-40が一般的で、HONDA純正オイルもほとんどがこの粘度で販売されています。


 春夏は気温も油温も高くなるので10W、秋冬や北方地域では気温も油温も低くなるので0Wや5Wといった具合に使い分ける事もできます。


 真夏のレースなど過酷な状況で走らせ続ける場合、15W-50や20W-60が選択される場合があります。
 しかし粘度が高いと当然ロスに繋がり、熱も発散しにくくなるので、レースで勝つ為のオイル選択は経験や膨大な走行データが必要です。


エンジンは心臓、オイルは血液!
バイクと使用環境に合ったオイルを選んでくださいね(^^)/





↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ 


1421

 作業用の机を拡張し、広くていろいろ便利になったので、ホームページの更新に注力しました。

 といっても、記事二つくらいですが・・・。


 意外と知らない「自賠責保険と任意保険」、「ガソリンのレギュラーとハイオクの違い」です。


 興味があればご一読下さい。


 車・バイクQ&A




↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ