1422
 みなさんこんにちは。


 少しずつ暖かくなり、週末などはバイクでツーリングしている姿も見かけるようになってきましたね!



 この春からライダーデビューという方も多いのでは??
 安全を優先し、無事故無違反で楽しんで下さいね!!


 さて今回はエンジンオイルのお話。

 スクーター乗りの方はあまり気にしなくていいのですが・・・

 せっかくの自慢のバイクに、ホームセンターで4L1,000円くらいで売ってるような車用ゴミオイルを入れてたりしませんよね?

 ね??

 値段的にサラダ油の方が高いです。
 車に入れるのであればまだしも、バイクに入れるのだけはヤメておきましょう。

 バイクは車とは構造が違い、バイクのエンジンオイルはエンジンだけではなくクラッチもミッションも潤滑します。
 その上車より負荷が高く、高回転、高温になります。

 湿式クラッチの場合、車用オイルだとクラッチが滑ってしまってパワーロスにつながったり、ミッションが滑ってギア抜けなどが発生するのでよろしくありません。
(例えば4速で走っていても突然ニュートラルになるという殺人的な不具合)

 バイクにはバイク専用オイルを!!


 んで、バイク専用4ストオイルにはJASOという規格があります。
(JASO:Japan Automobile Standards Organization:日本自動車規格)
 逆に言えば、JASO規格に適合していないオイルはバイク用ではありません。

 さらに、JASO規格にもMAグレードとMBグレードがあります。

■JASO:MAとMB
 JASO:MAグレードは高摩擦特性のオイルです。簡単に言えば滑りにくいオイル。
 JASO:MBグレードは低摩擦特性、つまりよく滑るオイルです。
 この特性の違いだけで、性能自体に優劣はありません

 ならよく滑るMBの方がイイんじゃ・・・?って思うでしょ?
 でもダメなんです。

 上述しましたが、湿式クラッチを搭載しているバイクはMBだとクラッチが滑る恐れがあります。
 スクーターや乾式クラッチのバイク、メーカーに指定された一部の車両にMBグレードが用いられます。

 逆にMB指定のバイクにMAを入れると抵抗が増えるので僅かな燃費悪化やレスポンスの低下が考えられますが、機械的な不具合は発生しません。
 

 JASO規格は日本独自の規格なので、輸入車にはMA・MB指定が無い場合がありますが、MAを入れておけば間違いはありません。


 湿式クラッチも多段ミッションも持たないスクーターは、クラッチが滑る心配もいりませんし、ドライCVTなのでギアが抜ける事も無いので、自動車用のオイルを使っても問題ありません。
 ただ、ノーブランドの激安オイルだと劣化が速い場合もあるので、安い分こまめに交換してやりましょう。
 当然ながら2ストスクーターには自動車用ではなくバイク用2ストオイルを!


■SAE規格
 SAE規格は、0W-30とか10W-40とか書いてるアレです。
(Society of Automotive Engineers:米国自動車技術者協会)

 WはWinter(冬) ≒ 寒いとき ≒ オイルが冷えているときの粘度
 後半の数字は高温時のオイル粘度を表しています。

 サラダ油を想像してみて下さい。
 冷えたフライパンにサラダ油をひくとねっとりしていますが、火にかけて温度が上がるとサラサラしてフライパン全体に広げる事ができます。

 エンジンオイルも熱によって粘度が変わるので、オイルごとの粘度特性の違いを数字で表現しています。

 10Wなど、Wが付く前半の数字が小さいほどサラサラと柔らかくて寒さに強く、エンジン始動性が良く燃費も良いオイルとなります。
 かなり昔に「バナナで釘が打てるような極寒でもなめらかでエンジンが一発始動するオイル」ってCMがありましたが、確か粘度は5Wだったと思います。(Mobil1ですね)

 0W~25Wまで5刻みで6種類ありますが、一般的な車やバイクは0W~15Wを使う事がほとんどです。




 40など後半の数字が大きいほど高温時でも水みたいにシャバシャバにならずに粘度を保ち、エンジンを保護する性能に優れています。


 バイクの場合、10W-30か10W-40が一般的で、HONDA純正オイルもほとんどがこの粘度で販売されています。


 春夏は気温も油温も高くなるので10W、秋冬や北方地域では気温も油温も低くなるので0Wや5Wといった具合に使い分ける事もできます。


 真夏のレースなど過酷な状況で走らせ続ける場合、15W-50や20W-60が選択される場合があります。
 しかし粘度が高いと当然ロスに繋がり、熱も発散しにくくなるので、レースで勝つ為のオイル選択は経験や膨大な走行データが必要です。


エンジンは心臓、オイルは血液!
バイクと使用環境に合ったオイルを選んでくださいね(^^)/





↓ポチって頂けると大変励みになります(^_-)-☆ ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ